2007年07月23日

伊集院光 日曜日の秘密基地

■キングオブコメディ・高橋さんの件

とりあえず、伊集院さんの言葉が聴けて良かったし、モヤモヤは消えた(池田Pが決めたらしいが)。急遽話す事になったようで、受け取り方にところどころ注意が必要な気がした。

高橋さんはそんなことを「やるとは思えない」人とのこと。伊集院さんが身内という立場を考えても、僕も濡れ衣だと感じた。というか信じたい。
聴いてて、伊集院さんの、何とかしてやろうという感じは伝わってきた。高橋さんも心強いと思う。逮捕されちゃった現在、不起訴になって痴漢で笑いを取ることが一番ベストなのか。厳しいなあ。


以下脱線。

痴漢は憎むべき犯罪であるし、僕自身も決してやらない。女性を悲しませることへの拒絶反応は誰よりも強いと自覚している。

しかし、しかしだ。ラッシュ時の電車内の混雑は異常だ。あまり乗らないが、そうした車内でいつも思うのは、
手をどうすればいいのか?吊り革も手すりも握れずに荷物を持ってない手は?意思とは逆に誰かの体に触れてしまったら?それが、女性でしかもお尻なんかに触れてしまったら?それどころか、こちらに非はなくても痴漢に間違われたら?

そんな事を考えなければならないのはやはり異常だと思う。痴漢をしようものなら疑いようもなくコイツと分かるぐらいに空いてる車内になれば・・・。日本ではありえないことなのか。


■草野球

芸人チームが全然「オールスター」じゃないw。メンバーに変化がないし、「スター」でもないし。
アウトごとの継投は明らかに打者不利だろ。


■日曜ゼミナール「社会保険庁」

年金という仕組みそのものがローマ帝国やドイツ帝国(ビスマルク)が始まりだったり、戦費調達、国威発揚を目的にしたものだったり、日本の年金の祖・花沢某の思惑(年金掛け金の中抜き、かき集めた今のうちに使っちまえ)は初耳だった。イメージとしてはさらに悪化した。というか人口右肩上がりが前提なのは「国家規模のねずみ講」だよな。やっぱり。

年金官僚たちには国民のことは頭にないとしか思えない愚行の数々。社保庁の労働組合が悪いのか、管理すべき厚労省が悪いのか、それとも与党・政権が悪いのか。みんな悪いんだよなあ、結局。
年金払いたくないけど、今まで払ってきた人への責任もあるし。。


■来週のアシスタントは?

7月第5週になるわけだが、果たして誰だろう?
まあ、順当にいけば山内アナだろうけど。
でも、久しぶりにいつもと違う人も聞いてみたいかも。

posted by 暁の肝臓 at 04:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。